インターン生からの手紙 (香港編)

今回は、このブログ上、初の試みです・・・
毎月インターン生にはレポートを提出して頂いているのですが、今回は香港で頑張る方のレポートをご紹介します!

 とっても一生懸命で、努力家の女の子です。

彼女のホテルでは、最初の3週間ほど、様々な部署を周りホテルがどのように動いているのか、全体像を学んでいきます。

例)フロント・ルームコントロール・エグゼクティブラウンジ・コンシェルジェ・サービスセンター・ビジネスセンター・ルームサービス・ハウスキーピング・セールス&イベント・エアポートなど。

いろいろなことにトライした後、本業になるGROセクションへ★

以下彼女のレポートからの抜粋です。

-----------------------------------------------------------

このホテルでのGROの役割は主に・・・
・フロントへのチェックインのエスコート
・VIPのインルームチェックイン
・館内のご案内
・シティ案内
・VIPアメニティ(ウェルカムギフト)の手配
・ハネムーナー・バースデーゲストへのサプライズ(ケーキのお届け・写真プレゼント等)

GROのOJTが始まってからまだ数日しか経っていませんが、ロビーに立ち、お客様のエスコートをしたり、館内のご案内などをしています。チェックインの仕方や、ホテル端末の操作方法など、宿泊の仕事の基礎に関しても、教わっています。

【今後の課題・目標】 当分の目標は、GROの仕事の基礎を覚えることです。
今は、まだ先輩が仕事をこまかく教えてくださっています。
聞くことのできる今のうちに、たくさん質問をして基礎から理解していきたいと思います。
そして、一番の課題は英語です。これは時間のかかる課題だと、自分でもわかっています。しかし、仕事の中で、同僚のいっていることが分からないと、内心困ります。お客様に迷惑のかかりそうになるのが、一番困るところです。毎日、仕事の中で出てきたわからない単語は、書き出しておいて、仕事が終わってから調べるというやり方で、少しはよくなってきたと思いますが、100%理解し合うことは難しいです。


【感想】
こちらに来て1か月が経ちます。正直、英語が一番の問題です。英語面接をしてくださった方と話す機会があったのですが、英語で悩んでいることを伝えると、親身に話を聞いてくださいました。相手の言ったことを自分の言葉で繰り返して確認するといういいアドバイスをくださいました。
このホテルの宿泊部の香港人はほとんど皆、広東語・北京語・英語を自由に操れる人ばかりです。なぜなら、競争の激しい香港では、幼稚園から英語を、小学校から北京語の会話中心の授業があるそうです。
こちらのホテルは、お客様との距離が近く、よいサービスのためにひとりひとりのスタッフの存在が大きく感じます。サービスも確立されていて、本当に勉強になるホテルです。
あとは、私が努力するのみです。仕事に、英語に、頑張ろうと思います。

-----------------------------------------------------------


彼女は、何に対してもやっぱり積極的であることと、何に対しても感謝の心を忘れない。だから苦しい状況?大変な状況に陥っても、それを逆に楽しむかのように、自分を成長させてくれる試練に感謝をしてすべてを乗り越えていく
そんな方です。

 困難があったときに賢者は喜び、愚者は退くっていう言葉があったような気がしますが、それをまさに体現している?!そんな感じ・・・。

でもたまに、人間らしくすごーく、おとぼけな一面も見せてくれます。私はそんなかわいらしい彼女の魅力に初めてあったときからひきよせられました。
きっと、ホテルの仲間にもかわいがられるんだろうなぁ~なんて。

彼女が1年後、どんな風に成長をしていくのか。本当に楽しみです。

chigui


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2010-01-15 17:20 | インターン生/OB生  

<< 継続は力なり? あけましておめでとうございます >>