カンボジア・シェムリアップ その1

皆様こんにちは。

先日、トリップアドバイザーの口コミ評価をもとに、
「行ってよかった海外観光スポット2013」でカンボジア・シェムリアップが
3年連続で1位を獲得したとのニュースがありました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130807-00000313-dime-int&1375868326



シェムリアップは近年私共のインターンシップ渡航先としても人気を上げてきており、
またインターン後もそのままホテルで就職して残られる率が圧倒的に高い場所です。
今現在3名の方がシェムリアップで4年目を迎えられております。


私も実際に行って参りましたが、感想としては人を幸福にさせる要素のバランスが
大変に高いように思いました。



そのバランスと言うのは、


1.人がとても温かい
2.お洒落で美味しいカフェやバー、レストラン、一流ホテルなどが沢山ある
3.物に溢れてはいないが、何でも一通り揃う
4.世界中から旅行者が集まっており、とても国際的
5.何といってもアンコール遺跡群という神秘的な世界が広大に広がっている



遺跡群は150以上からもなり、とてもじゃないけど周りきれません。
私はアンコールワット、アンコールトム、タ・プロム、タ・ケオという近場の4つの遺跡を案内してもらいましたが、
ま・さ・に、鳥肌ものでした!!!

まずは何と言ってもアンコールトムの中心、バイヨン。
a0128688_16525366.jpg


もう圧倒されて言葉が出ませんでした。
ちなみに上の写真の中の中央の塔、高さ43メートルもあるんです。
写真では伝わらない迫力と、何かとてつもないエネルギーを感じました。

1000年近くも前にこれを建てた方々の気持ちが、きっとこの建物に
込められているのだとこの時確信しました。

そして物作りって作っている人の気持ちがその物自体にエネルギーを
宿らせるものなのかとこの時本気で思わされました。

中を登っていくと、塔にはそれぞれ表情の違う顔が4面に彫られており、
何か包まれている温かさを感じます。

a0128688_172494.jpg



普通に歩いて入っていけます。

a0128688_1795844.jpg


このように回廊が中心を囲んでおり、

a0128688_17101260.jpg



このように壁画はずっと物語になって続いていきます。
a0128688_174135100.jpg


a0128688_17512228.jpg


a0128688_17102976.jpg




全く意味が分からないと思うのですが、バイヨンを見て私の頭の中では

「宇宙」

という言葉が強く打ち出されていました。


a0128688_17514976.jpg




思い返してこのブログを打っているだけであの時のドキドキ感が甦ってきます。



その2に続く!


kase



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp
[PR]

by trajal-internship | 2013-08-22 17:53 | 各国情報  

<< カンボジア・シェムリアップ その2 世界で好かれる日本人 >>