正解ってなんだろう?

おはようございます。
これからちょっとした内容でも良いから毎日ブログを続けようと心に決めたkaseです。

つまらない内容かもしれませんが、その内面白いブロガーに
成長出来るようにコツコツと励んでいきたいと思っております(笑)


さて、昨日北朝鮮軍が韓国の延坪島に砲撃をしたニュース、皆様も見られた事と思います。
韓国国民だけでなく世界中の人々がこの行動に対して怒りを覚えたのでないかと思います。

ただ、北朝鮮側からすると韓国軍が北朝鮮の領土内である海で実弾を使った軍事演習をした為、
その報復攻撃に出たと言われております。

先日日本でも尖閣諸島沖での騒ぎが起きたばかりで他人事とは思えない方もいっぱいいるのではないでしょうか。

もちろん一般市民に向けて砲撃した事については私は断固反対しますが
この領土問題については、考えても答えが出ません。

韓国と国連は海の上で線を引いて領土を分けてますが、北朝鮮側はまた違う線を引いて領土を区分しています。
だれがこれを正式にあっちは韓国、こっちは北朝鮮と決められるのでしょう。

原始時代から文明が発展し、戦いを通して自国の領土をそれぞれ確保してきた
人類にとってその領土を確約するのもやはり武力においてでなければいけないのか。

きっと答えのない論争が延々と続くのだと思います。


私は最近ニュースや新聞をよく見ています。
いまさら?とよく言われるのですが、
そう。いまさらです。

なぜならニュースによってそれぞれの報道に偏りがあり、必ずしも全てが
正しいとは思えなくなってきたからです。

例えば北朝鮮の国民は今まで見たり聞いてきた情報によって今回の攻撃に関しても、
自分達の土地に銃弾が撃ち込まれたんだからやり返しても当然と思われる方もいると思います。

逆に韓国では自分達の領土で軍事演習をして何が悪いと当然思われる事と思います。

日本では尖閣諸島は日本の領土と言われるのが“事実”となってますが、
中国では違います。

じゃあ何が正解なのか。

正解がないから武力でぶつかりあって奪いあわなければいけないのか。

確かに歴史上ではお互いの国のトップが調印を結び、どこからどこまでが
自分達の領土と決めたのかもしれませんが、これはあくまでもその時代であり
その時の力関係によって成り立ってきたのだと思います。

領土問題で苦しい想いをされている方々はいっぱいいて軽々しくこういった内容を
ブログにあげるものではないのかもしれませんが、最近こういった事だけでなく
いろいろな事に関して“正解”ってないのかもしれないと思い始めております。

今のところの私の結論としては、皆それぞれに今まで蓄積してきた情報や体験があり、
それに基づいて自分の信念や正解を持って生きている。
その信念や正解が必ずしも全ての人に適用されるものだと断定させない事が
大切なのかな。

でもそうすると何とも秩序のない社会にもなってしまう気がする。


答えもないのに長々とこんな話ですみません。
でも、懲りずに明日もブログアップします。



kase








058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2010-11-24 11:32 | スタッフのつぶやき  

<< おすすめ商品 グローバル人材 >>