<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

カンボジア・シェムリアップ その3(最終)

さて、最後にシェムリアップの街についても少しご案内しておきます。

建物自体はフランス統治時代の名残で洋館が多く見受けられますが、
このように新しい建物なども建設中でした。
少し雰囲気が壊れるような。。。

a0128688_16265689.jpg
a0128688_16271959.jpg
a0128688_16272535.jpg
a0128688_16273564.jpg
a0128688_16274546.jpg



街の中心部には、お洒落なカフェ、レストラン、バーなどが立ち並び、
夜になるとどこの国か分からないほど世界中の観光客で賑わってます。
(こちらの写真だけ拝借致しました)

a0128688_16301484.jpg



下はインターンOBの方に連れて行ってもらった美味しいピザが食べれるレストランです。

a0128688_16311942.jpg

a0128688_16502931.jpg



雰囲気が良かったのでふらっと入ってみたら、とても美味しかったレストラン

a0128688_16333442.jpg
a0128688_16335886.jpg



お世話になっているホテル様でご馳走になったカンボジア料理。
本当に美味しかったです。
いつも食べ始めてから「写真撮らなきゃ!」と気付く私です。。。
a0128688_16574226.jpg



市内にあるスーパーも大きくて、品揃えが豊富!
下の写真の左下らへんに見えますでしょうか、なんと“おでんの素”まで!

a0128688_16355010.jpg


種類豊富で安いビール(1本50円位) :D
この隣には日本のビールなどもあったような。
a0128688_16414456.jpg




フラッシュなしだったので少し暗くて分かりにくいですが、スーパーが入っているモール内

a0128688_16383891.jpg


a0128688_16493150.jpg



バイヨンビール(一本40円程度)、最高。

a0128688_16493471.jpg




そして市内には綺麗に整備された公園が。

a0128688_16541554.jpg
a0128688_16535948.jpg





カンボジアには目を背けたくなるような暗い歴史があり、また綺麗な部分だけではありません。
それでも訪れる私共を魅了する人々の優しさであったり、大自然や大遺跡が
壮大なスケールで広がっていました。

お金や高価な物ではなく、人と自然と歴史が作り上げた
本当に“ゴージャス”と言える場所でした。


この度は3回に渡る長いブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

a0128688_17224785.jpg


kase



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp
[PR]

by trajal-internship | 2013-08-28 17:27 | 各国情報  

カンボジア・シェムリアップ その2

さて、昨日はアンコール・トムの中央に位置するバイヨンをご紹介いたしましたが、
アンコール・トムとは“大きな町”を意味し、高さ8mの城壁が周囲12kmに渡って
正方形に敷地を囲んでおります。

バイヨン(中心)から1km程行くと、その城壁沿いに作られた5つの門の内の一つ、
死者の門があります。
戦いで亡くなった兵士達の魂が戻ってくる為の門だそうです。

a0128688_11531399.jpg



その近くには戦いに勝った兵士達が凱旋する為の“勝利の門”もあります。



a0128688_1204628.jpg
a0128688_121682.jpg
a0128688_121129.jpg




ところ変わって今度はタ・プロムという遺跡へ。
ここはアンコール・トムとはまた違う自然と文明の神秘を強く感じさせられます。

ガジュマルの木が絡みつき、締め付けながら長い年月をかけて遺跡を破壊していく光景は
何かものすごく心を打たれるものがあります。

これらは鳥の糞が遺跡の上に落とされ、そこに混じっていた種が発芽し、
そこから根を地上に下ろして300~400年かけて成長していったものだそうです。


a0128688_12144422.jpg
a0128688_12153694.jpg
a0128688_1215062.jpg
a0128688_12155290.jpg
a0128688_12151599.jpg
a0128688_12161238.jpg



もうこれは実際に見に行って頂かないと正確には伝わりません。

このように1千年近くも前に作られた大帝国の跡が、今からたったの150年程前に
フランス人学者によって初めて発見されたなんて。
それまでは森の中に眠っていたんです。
初めて見つけた時の衝撃はどんなものだったのでしょうか。


最後に肝心のアンコール・ワット

a0128688_141909.jpg
a0128688_14191339.jpg

a0128688_14241019.jpg
a0128688_1424888.jpg





その3につづく。。。

kase


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp
[PR]

by trajal-internship | 2013-08-23 14:29 | 各国情報  

カンボジア・シェムリアップ その1

皆様こんにちは。

先日、トリップアドバイザーの口コミ評価をもとに、
「行ってよかった海外観光スポット2013」でカンボジア・シェムリアップが
3年連続で1位を獲得したとのニュースがありました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130807-00000313-dime-int&1375868326



シェムリアップは近年私共のインターンシップ渡航先としても人気を上げてきており、
またインターン後もそのままホテルで就職して残られる率が圧倒的に高い場所です。
今現在3名の方がシェムリアップで4年目を迎えられております。


私も実際に行って参りましたが、感想としては人を幸福にさせる要素のバランスが
大変に高いように思いました。



そのバランスと言うのは、


1.人がとても温かい
2.お洒落で美味しいカフェやバー、レストラン、一流ホテルなどが沢山ある
3.物に溢れてはいないが、何でも一通り揃う
4.世界中から旅行者が集まっており、とても国際的
5.何といってもアンコール遺跡群という神秘的な世界が広大に広がっている



遺跡群は150以上からもなり、とてもじゃないけど周りきれません。
私はアンコールワット、アンコールトム、タ・プロム、タ・ケオという近場の4つの遺跡を案内してもらいましたが、
ま・さ・に、鳥肌ものでした!!!

まずは何と言ってもアンコールトムの中心、バイヨン。
a0128688_16525366.jpg


もう圧倒されて言葉が出ませんでした。
ちなみに上の写真の中の中央の塔、高さ43メートルもあるんです。
写真では伝わらない迫力と、何かとてつもないエネルギーを感じました。

1000年近くも前にこれを建てた方々の気持ちが、きっとこの建物に
込められているのだとこの時確信しました。

そして物作りって作っている人の気持ちがその物自体にエネルギーを
宿らせるものなのかとこの時本気で思わされました。

中を登っていくと、塔にはそれぞれ表情の違う顔が4面に彫られており、
何か包まれている温かさを感じます。

a0128688_172494.jpg



普通に歩いて入っていけます。

a0128688_1795844.jpg


このように回廊が中心を囲んでおり、

a0128688_17101260.jpg



このように壁画はずっと物語になって続いていきます。
a0128688_174135100.jpg


a0128688_17512228.jpg


a0128688_17102976.jpg




全く意味が分からないと思うのですが、バイヨンを見て私の頭の中では

「宇宙」

という言葉が強く打ち出されていました。


a0128688_17514976.jpg




思い返してこのブログを打っているだけであの時のドキドキ感が甦ってきます。



その2に続く!


kase



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp
[PR]

by trajal-internship | 2013-08-22 17:53 | 各国情報  

世界で好かれる日本人

久しぶりの投稿ですみません!


このお仕事を通してアジアの様々な国に行かせて頂く機会があり、
どこへ行っても感じる事があります。


それは、

“日本人”というだけで得しているという事です。


もちろん一概には言えませんが、それでもこんなにまだアジアの国の方々は
日本を好いてくれているんだぁと嬉しくなります。


ちなみに昨年アウンコンサルティングという会社が「日本という国が好きですか?」
という調査をした結果、日本が“大好き”、もしくは“好き”と言ってくださった割合が
一番多かったのはベトナムの方々だそうです。

その割合は以下の通りとなります。


「日本という国が好きですか?」に対して“大好き”、もしくは“好き”と答えた方の割合

ベトナム=97%
フィリピン= 94%
タイ= 93%
インドネシア = 91%
シンガポール= 90%
マレーシア= 86%
香港 = 84%
台湾 = 84%


だから海外へ行っても日本国内ででも、日本人として恥ずかしい行動は出来ませんね。

インターンであろうと、留学生であろうと、旅行者であろうと、駐在者であろうと、
1人1人が小さな日本代表であると私は考えます。


世界がもっと日本の魅力を理解してくれますように。
そして私達日本人が1人でも多くその気持ちに応えていけますように。


kase


※ ベトナム・ホーチミンでの一枚
a0128688_16535051.jpg




058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp
[PR]

by trajal-internship | 2013-08-14 16:58 | スタッフの想い