<   2011年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

大きな心

皆様こんにちは。
先週末、私は熱海へ一泊旅行に行って参りました。

熱海の高台にあり、海と初島が見渡せる見晴らしの良いホテルに泊まったのですが、改めて短い日程でも旅っていいな~と思わされました。

そしてこの宿、たまたまなのですが携帯の電波が入らないんです!
その為携帯を気にする事なく、本当にゆっくりと過ごす事が出来ました。
なんだかんだ言っていつも何かと気になってしまうんですよね。

今回の旅行で思った事、それはやはり時々はゆっくりと自分を見つめ直す時間が必要という事です。

私の父親がよく、「毎日満員電車に揺られているとどんどん心が狭くなっていく。だから広い心を取り戻しに大きなものを見に行くんだ!」と言って毎週のように海に出掛けいくのを私は見てました。

その頃はよっぽど海が好きなんだなとしか思っていなかったのですが、今となってはそれだけではないという事が少し分かるようになった気がします。

毎日忙しく働いて心身共に疲れている方も多いかと思います。
そんな時は少しだけでも足を延ばして大きなものを見に行かれるのはいかがでしょうか?

本当に立ち止まらないと分からない事ってあると思うんですよね。
そしていつも見ない景色や環境の中で気付かされる事や人々との触れ合いもあるのではないかと思います。


皆が幸せに笑顔で暮らしていける世の中を!!!


今週もまた一週間始まりますが、皆様にとって素敵な一週間となりますように!


kase
a0128688_1848523.jpg



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-28 18:51 | スタッフの想い  

苦労することの意味

苦労する」などと言う大それたことではないのですが、、、

朝、犬の散歩をしていると四季の移り変わりがよくわかります。


と言うのは、冬は暗いうちに家を出て、夏は明るい中散歩が始まるからです。


今日の日の出は6時20分でした。6時に家を出る時は、空は既に白み始めています。ちょうど太陽が出ようとする頃ですが、冷たい空気がピンと張り詰め、雲が少ない時は青と白のグラデーションが映えて、空気も美味しく、この時間がとても気持ちがいいです。


犬の散歩をしていないころは、朝はただの朝で、「日が昇るから明るくなる」くらいの感覚でした。

でも毎日、同じ時間に散歩をしていると雨の日も、晴れの日も、寒い日も、時には雪の日もあって、今日みたいに気持ちの良い日は「何かいいことがありそうだ」と言う気にさせてくれます。


これって辛い日があるから、反作用みたいなもので他人には何気ない朝でも本人にはとても気分よく感じるのですね。



雨が降るからこそ晴れの日がありがたく、辛いことがあるからこそ、楽しさ・うれしさも倍になると思います。


苦労とは、苦労するための苦労ではなく、楽しみを得るための苦労なんですね。

(散歩はそんな大袈裟な苦労じゃないって037.gif

a0128688_18172118.jpg


Pooh

058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-24 18:17 | スタッフの想い  

東京湾周遊ドライブ


1月の新聞にアクアラインの利用料800円が3月にも終了するかもしれないという記事が載りました。2009年、森田健作知事が当選した際、掲げた公約のひとつがアクアライン800円だったのですが、それを実現させ同年9月より3000円だった利用料が800円になったのです。


しかし、これは実験的な意味合いもあり、今年3月31日までの期間限定措置でした。


そして先日、4月以降もまた3年間、800円を継続するというニュースが出ました。


なぜ気になるのかというと、千葉の我が家から横浜中華街に行くとき、アクアライン経由のドライブが最高だからです。自宅で朝食を食べて、木更津に向かいます。そして海ほたるで休憩。晴れていると360度すべて海の景色がまたいいんですね。のんびりできます。ちょっと遅いお昼を食べた後、アクアラインのトンネルに入り川崎へ。


中華街を散策、食べ歩きし、横羽線、湾岸線でお台場を横に見ながら帰宅する。そんなルートです。暖かくなったら、またこの鉄板ルートでドライブです。


a0128688_1113663.jpg


Pooh

058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-22 11:14 | スタッフのつぶやき  

手紙の温かさ

皆様こんにちは。

今日、インターンOBの方からご丁寧にハガキを頂きました。

2年程ずっとメールをやり取りしてきた方なのですが、今更気付いた事があります。
それは、手書きって本当に良いものなんだな~という事です。
人が書く字とはこんなにも温かいものだったんですね。

日頃メールやSNS上などでのやり取りばかりで私の中では
完全に忘れかけていた“書く”という事、今回ハッと気付かされました。

“書こう”と!


ただ一つ気にかかるのは私の字の汚さです。
書いてる本人がとても恥ずかしくなってしまうんです。

ペン習字でも始めようかと本気で考えている月曜日の夕方です。
よーし、これから沢山練習するぞ~。

それと、メールが嫌な訳でもありませんのでぜひぜひ皆様お便りどんどんください!


今週もまた、みんなにとっても素晴らしい1週間となりますように!

Hさん、本当に本当にありがとうございました!!!


kase


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-21 17:26 | インターン生/OB生  

マレーシア KLよりレポートが届きました!

皆様こんにちは。
今東京でのインターンシップセミナーを終えてこちらを送らせて頂いております。

昨日、マレーシア・クアラルンプールのホテルでインターン中のUさんよりレポートが届きましたので皆様にもお裾分けしたいと思います!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎業務
シフトでは基本的に11時から19時まで


流れとしては、出勤したらその日の日本人の予約を確認して、各部屋のcheck
Japanese set upっていうのがあって、特別に日本茶を置いたり、バスローブが付きます。
それを、一部屋一部屋見て、あれがないこれがないとHousekeepingに連絡して完成させます。
一日一回くらい、safety boxが開かなかったり、電球が切れていたりするのでそれも報告
その後、Registration cardをあらかじめ準備して、Roomkeyを作り、到着を待ってお出迎えというところでしょうか。到着が少ないと良いんですが、多くて15部屋とかあるとぐったりです。 また、毎週土曜日はcourtesy callといってJPGゲストの部屋へ電話して、いかがですか、何か問題ございませんかと伺います。
全てリストを作らなければいけなくて、それが正直しんどいですね。


ただ、飛行機到着が空港に17:30から18時で約1時半後にホテル着なので必然的に19時を回ります。30分ほど待って来なければ、さくっと上がることもあれば、上司がらみのVIPであれば待ちます。 その間に日本人ゲスト(JPG)から連絡があれば、対応しますし、フロントにいなければちょくちょく電話で呼ばれます。また休みの日もたまにかかってきてきたりします。


ちなみに平均毎日約10時間くらい働いてます。
全くの強制ではなく、やりたいからなので全く問題ありません!
長く現場にいられることはそれだけ仕事を覚えるチャンスも増えますし、要は「気持ち」です。


感覚的には、ローカルはもっと緩くてルーズなのかと思っていましたが、残業もするし、
責任感もあるし、失礼ながら、結構個々がstrickなのには驚きました。
ただ、前のホテルで働いていた感覚でやれば、問題ないですね。



良い意味で、JPGに関して丸投げしてくれるのでやりがいがあります。
コイツに任せておけば大丈夫だと、早くも信頼を感じるのはありがたいですね。
ただ、慣れてきて変な責任を負うことやなすりつけは勘弁してもらいたいので、
そのあたりの線引きや主張も必要に応じてしなければ、とは思っています。


◎英語
スタッフ間のcommunicationはあまり問題なくやれています。
和気藹々と冗談を言いあったり、いじられたりもしますし、世間話もしたり
昨年のAustaraliaでの経験が確実に生きていますね。


特に海外では自分の意見ははっきり伝えることが必要なので、
文法は間違っていようが、発音はいまいちだろうが「気持ち」でしゃべっています。
もちろん、よくわからんと言われることもありますが、よく伝わるもんだと我ながら驚きます。


ただ、仕事が絡むと理解できないこともあるし、briefingはついていけないことも多いです。
対ゲストに関してはわかる時はわかるけれど、わからない時ははすぐにふって同僚に対応してもらっています。曖昧にうなずくと危険だし、必ず確認しています。


また、今までのF&B(飲料部門)とは違うフロント業務の難しさ、ハードルの高さも日々感じています。日本でだって、フロントに異動すれば覚えることだらけで相当な苦労もあるのにさらに全て英語。ハンデを感じずにはいられない、かつてないハードルです。ただ、こういう経験をしたくて来たわけで、これを乗り越えられた時、さらに一回り成長できるはずと信じています。


早く覚えたい気持ちと果たしてこれができるようになるのか、と焦りもありますが、
今は焦ることなく、一個ずつ確実に覚えていけばいいと、自分に言いきかせています。
だからこそ、英語も満足にできない、仕事もできないとならば、一生懸命に「気持ち」でやるしかない。


ただ、そんな中でサービスに関しては、それなりやれるという手応えを感じています。
うまく伝えられないのですが、Hospitality mindというのでしょうか。


◎人間関係
同僚はみんな優しいですね。本当によくしてくれています。
困った時は嫌な顔をせずにすぐに助けてくれるし、ありがたいです。


日本語を教えたり、マレー語を教えてくれたりして少し単語はわかるようになりました。
やはり現地の言葉を話すと親近感を持ってくれますしね。
アニメなどの日本の文化は彼らも好きらしく、なかなか盛り上がります。


Bellmanは今日の到着分の新聞はすでに置いてあるからとか、
Housekeepingは今日のJPGはどの部屋に何組くらいなんだと気にしてくれたり、
ゲストからマレー語で話しかけられたり、フロントで困ればみんなが教えてくれたり助けてくれますし、彼らに支えられて仕事が回っています。


だからこそ、早く仕事を覚えて彼らに恩返しがしたいですね。
JPGに関してはもちろん、他のスタッフと同じように「Nはホテルに必要な人材なんだ」
と思ってもらいたい、それが毎日頑張れるmotivationです。


もちろん毎日何かしらの問題がおきたり、間違えて迷惑をかけたり、色々とイラっとすることも多々ありますがありがたいことに、それでも楽しくやれていますね。
だんだんと居場所ができているような気がします。


そして、大事なことは、相手をrespectすること


それは、年齢、役職や国籍が違えど確実に相手に伝わりますからね。
名前を覚える、目を見て話す、笑顔で、など基本的なことが大切なんだと感じます。


ただ、kaseさんからのアドバイスでもありましたが、ローカルは発音が難しく、同じような名前が多い。全てが日々勉強、新入社員のような新鮮な気持ちです。


◎その他、福利厚生
おおむね不自由なく、なかなか快適に生活できています。
自分のペースでできるようになったことが大きいですね。


部屋は結構な広さですし、あまり汚れないので二日に一回の割合で清掃してくれてますし、Mineral waterも紅茶も飲み放題で助かっています。
なぜかこの部屋だけ絨毯ではなくフローリングです。
唯一、窓が開けらないので外の空気が吸えないのが不便ですね。


ネットは無料で部屋で使えるし、携帯も持たしてくれました。
どこにいても捕まえられるようにですね。


食事は食堂で食べるのは日に一回です。いつも開いているわけではなく、時間が合わないこともあるし、残念ながら味はいまいち。しかも昼、夜は同じメニューです。
朝は簡単に済ませ、早く上がれると、気分転換にすぐ隣のshopping mallに出かけて食べることもあります。フードコートがあり、日本円で約¥300もあれば食事ができるのいいですね。


Laundryもスタッフと仲良くなったからか、枚数に関係なく出せるので助かっています。
二日まとめて出すことが多いですね。


休みの日は勉強がてら、街にでて買い物を楽しんだり、電車に乗って遠出をしたり、
食べ歩きをしています。たまに時間が合えばTさんが食事に連れって下さいますね。
あとはやはり、月に休みが4回は少ないかなと。
ただ、これに関してはローカルも同じですし、まだ通勤時間がない分文句は言えないですね。


二ヶ月半が経過してこんな感じでしょうか。


ただ、まだまだ始まったばかりです。信頼は一瞬で崩れることもありますし、
今は足場を固める時期ですので今後も油断することなく、
毎日を頑張りすぎないように頑張りたいと思います!


やはり全ては「気持ち」だと実感する毎日ですね。
変わらずkaseさんには元気で頑張っているんだな、と安心していただけたら幸いです。
長々とお付き合いしていただきありがとうございました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



Nさんは日本のホテルでも働いてこられた方ですが、本当に前向きなエネルギーを発していて私自身もとても勉強になっております。
その魅力をおもいっきり発揮されてどんどんと活躍して頂ければと願っております。

このインターン期間中もそうですが、何よりも終わった後の活躍ぶりも大変楽しみです。

Nさん、自分らしさを大切に頑張ってくださいね!!!


kase
a0128688_1671848.jpg



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-19 16:16 | インターン生/OB生  

Eさんからのメール

皆様こんにちは!
あと2週間でインターンを終えられるEさんより嬉しいメールを頂きましたので、
皆様にもお裾分け出来ればと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
振り返ってみると、本当にあっという間の10カ月でした。
kaseさんに激励してコーヒーをご馳走して頂いたのが、ついこの間の事に感じられます。

この10か月、どんな言葉が当てはまるのでしょう。
一言では私は言い表せません。

英語がわからない、スタッフと英語で会話できない、ゲストのリクエストが聞き取れない、
不安から始まったインターンシップでした。
ホテル側はインターンシップ生、見習いなどという扱いは一切しませんでした。
ホテルに日本人スタッフは私ひとり。
日本人ゲストの対応は全て私の仕事、責任。
日本の旅行会社が視察に来たら私が案内し、11月にあった日本のテレビの撮影も私が対応せざるをえない状況でした。
たった10カ月でしたが、大学生の身分で、本当にたくさんの経験を積ませてもらいました。


スタッフにイライラした事も、日本語のガイドさんに泣かされた事もありました。
ゲストリレーションオフィサーという事で、着任当時からゲストリレーションエージェントという2人の部下がいて、
その2人のミスは私のミスになり、理不尽な思いをした事もありました。
6つある世界のRホテルの中でも、ずば抜けてホスピタリティーが高いホテルという事を後で知り、すごいところに来てしまった・・・と思った事もありました。


色々思うところはありましたが、それでもここまでやってこれたのは、
スタッフが困った時には必ず手を差し伸べてくれたからだと思います。
各部署のたくさんのスタッフが、お手本になり、私を支え、助けてくれたからこそ
ここまでなんとかやってこれたのだと思います。
ホテルで避難訓練があった際、一度にホテルのスタッフが庭に集まる事がありました。
その時に【こんなにたくさんの人がこのホテルを支えているんだ】と改めて感じたものです。


日本を出てみて、外から日本人を見る事が出来て、ホテルに勤める事ができて、よかったなと思った事があります。
それは、日本人は英語が話せない、にこにこしてるが、complainを海の向こうから送ってくる一番厄介な人種だとホテルが認識している事です。
考えてみれば単純ですが、ホテルにはフランス人ゲストリレーションも、スペイン人ゲストリレーションも、中国人ゲストリレーションもいません。
これはRホテルに限らずどこのホテルでも同じです。
それほど、日本人は独特の文化を持っており、日本語しか話さないという事ですよね。
自分の生まれた国が変わっていると世界から思われているという事を、目の当たりにできたのは非常に興味深い経験でした。


海外ホテルで接客のお仕事がしてみたい!という好奇心のみで、深く考えず、他の国に関する知識もなく、日本を飛び出しました。
それから10ヶ月。ずっと忘れたくない思い出の詰まった10カ月となりました。
由緒正しいホテルで本当にたくさんのお客様の接客を経験でき、ホテルに少しでも貢献しなくては・・・!と考える毎日でした。
また、日本人のお客様からは【あなたがいてくれて、素敵な旅行になった。ありがとう。】
という言葉・お手紙・お菓子・お礼のメールを頂く事もあり、もっとがんばらなくちゃ!とお客様に励まされている日々でした。

なんだか今日でおしまいのようなメールを長々と書いてしまいましたが・・・。
あと2週間ほど、私らしくお仕事できたら、と思っています。

私とRホテルを結んでくださったトラジャルさん、kaseさんには
心の底から感謝しております。ありがとうございます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


Eさん、メールでもお伝えしましたが海外に出て待ったなしの社会で働くという事は英語やお仕事以外にも大変な部分が沢山あったかと思います。
ただ、それを一つ一つ乗り越えていくからこそ得られる本物の成長があるんだと私は信じております。
この経験を通してご自身の確固たる芯が出来あがったのではないでしょうか。

ぶれない土台を作り上げる事によって今後どのような局面にも立ち向かっていける事と思います。

帰って来られたらまた大学生活に戻られますが、今まで見たり感じてきた感覚とは全く違う自分に気付く事と思います。
そして挑戦の日々はこの先もずっと続いていきます。
どうか夢と希望を持って、ご自身の未来を切り開いていってください!

また東中野に遊びに来て頂ける日を楽しみにしております。


kase













058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-17 11:00 | インターン生/OB生  

終了者アンケート!

この冬にアンコールワットでのインターンシップを終え、見事現地就職を勝ち取ったYさん!!
明るく、前向きで強く努力家!!本当にインターン生の鏡とも言える彼女がインターンを卒業しました。終了アンケートを掲載します★

-------------------------------------------------------------


Q、インターン終了されていまの心境は?
 日本と違い、仕事をあたえらる訳でもなく、教えられるわけでもなく、自分から行動をおこしながらマイペースに覚えていくという環境で1年間を過ごし、やっと終わったという思いと、この1年で何か得たのだろうかと不思議な気持ちです。

Q、当初たてていたインターンの目標はどのくらい達成しましたか?
 インターン参加の目的は「英語を使った仕事をしてみたい」だったので、当初の目的は100%達成です。インターン先は日本人ゲストが少ないホテルでしたので、完全に英会話漬けでした。

Q、インターンで大変だったことは?
 着任当初2~3ヶ月は現地での訛りに苦戦しました。ある程度、英会話に自信があった私も完全に崩れ落ちました。とにかく何を喋っているかわからなかった。それでもって、「英語ができない」扱いをされた時は腹ただしかった。

Q、どうやって解決しましたか?
 聞き取りやすい英語を話す同僚に助けてもらったり、私の仕事は「日本人ゲストリレーション」だから日本人の事だけ考えればいい、と自分に言い聞かせたりしてました。

Q、1ヶ月の生活費はどの位かかりましたか?
 食事、日用品はホテル内で間に合ってましたので、生活費といえるのは自分の嗜好品や飲み代、交際費くらいでした。観光に行かなければ、1ヶ月100ドルもあれば足りてました。

Q、インターンで得たものは、一言で言うと何だと思いますか?
 遠慮はいらない事です。日本のように遠まわしに表現しなくてもよいし、思った事は立場や身分の関係なく、何でも言えます。

Q、滞在中、病気や怪我、トラブルはありましたか?
はい。ラオス滞在開始直後の2日目に、発熱・下痢・嘔吐がありました。日本から持参した胃腸薬と2日間の安静で復帰できました。その後、じんましんが発生しましたが、その内、消えました。
 カンボジア滞在中は肝炎にかかってしまい、1週間の安静と薬で少しよくなりましたが、しばらくは調子が悪かったです。

Q、日本から持ってくればよかった!と思ったものは何ですか?
 少しフォーマルな洋服。着任直後は制服がなかったり、いきなり営業やセミナーに行くことになる場面も。あとは結婚式が頻繁にあるので。

Q、日本から持っていかなくても良かったなぁ、と思うものは?
 現地語の学習本。日本人仕様だと発音もあてにならないし、なまけものの私には意味がなかった。現地人と生の会話で覚えていく事が効果的。

Q、渡航前に日本でやっておけば良かったと思うものは?
 日本のホテル事情について知識をつけておけばよかったと思います。日本の5ツ星レベルのホテルがどこで、1泊いくらで宿泊できるのか。
 あとは予防接種。場所にもよると思いますが、A,B,C型肝炎は必須だと思いました。最低、数ヶ月前から数回に分けて接種しなければならないので、出発数週間前に気づいた時は既に遅し。

Q、洗濯、食事、衣服、電気、ガス、水道などはどうしましたか?
 住処はホテルの寮・客室でした。なので、電気、水道の心配はありませんでした。洗濯はホテルランドリーにまかせれば、全て洗濯してくれます(簡単な物は自分の部屋で手洗いしてました)。食事はホテルのレストランメニューを注文し食べることができましたが、面倒なので従業員食堂でローカルフードを食べてました。
 衣服は日本から持参した洋服で間に合ってました。たまに、現地調達する事もありましたが、日本では恥ずかしくて着ることができません。

Q、これからインターンを始めようとしている、インターン候補生たちにメッセージをお願いします!
 少しでも海外で働いてみたいと思っていたら、絶対行くべきです。損する事はありません。日本では英語の必要性が見直されていますが、英語は机上の学習だけでは身に付かないと個人的に思います。他人と差別化を図るには、異国の地に身をおきながら体当たりで文化と一緒に学ぶ事が大事だと思います。帰国したときに視野が広がっていることに気づきます。


---------------------------------------------------------


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-16 15:07 | インターン生/OB生  

就職企業人気ランキング

ニュースを見られた方も多いかと思いますが、2012年大学卒業予定者を対象にした【大学生就職企業人気ランキング】において文系学生の総合ランキングは4年連続でJTBが1位となりました。
2位は全日空です。

旅行業界に入りたいという方が多いのはとても嬉しい事ですね。

私は北米専門のランドオペレーターという旅行の下請け業者から社会人のキャリアをスタートしました。ランドオペレーターというのはホテル、車、ガイド、通訳、企業視察のアポイントなどツアーにおける陸の部分の手配をする業者です。それらを客様のご要望に応じ手配して旅行会社を通して販売します。
その中で私共は主にテクニカルビジットと言う企業が特殊な技術や知識などを学びに行く旅行の手配をしておりました。

業界の中ではあまりよいご身分ではありませんが、プロフェッショナルと呼べる大変奥が深く、面白い仕事でした。

その後私はこのトラベルジャーナルグループに来て6年目になりますが、やはりこの観光産業というものが好きで離れずにはいません。

先日テレビで「好きだけで仕事は出来ない。でも、好きな事じゃないと仕事も出来ない」とどなたかが言ってました。
なんだかこの言葉がとても響きました。

表向き華やかな分、観光産業の裏は大変な部分も沢山ありますがきっとどの仕事も毎日続けていくという事は大変な事なんだと思います。
どうせ大変であれば少しでも自分が好きで喜びを感じられる仕事をしていきたいと思いませんか?

これから観光業界に進まれる方々、皆様々な夢や希望を持って社会人生活をスタートされる事と思います。
そして今この業界も変化を遂げるべき時が来ているように感じます。
どうか自分自身の素直な気持ちや理想を大切にして、何十年後もJTBだけでなく沢山の観光関連会社が人気ランキングに入っているよう皆でこの業界を盛り上げていければと願っております。

現実は厳しいかもしれませんが、やはり働いている人達が輝いていないと人を惹きつける魅力はないものと思います。

旅行って観光だけでなく、ビジネスや企業視察、見本市や国際会議関連など様々な形があります。
それに加えて海外へ行く(Outbound)ものと海外からくる(Inbound)もの、国内の中のものなど様々な角度の旅行があります。
そしてこの様々な形の旅行が国の経済に与える影響力も大変大きなものがあります。

お客様に幸せな時間を提供し、その上国の経済にまで大きく貢献出来るこの業界はやっぱり素晴らしいと思います。

旅行って素晴らしい!



kase

*今週末は・・・*************
  インターンシップセミナー!!

東京会場 2/19(土) 13:00 ~
大阪会場 2/19(土) 13:00 ~

*************************



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-15 10:15 | 観光業界ニュース  

アンコールワット で働いてみよう!

シンガポールではグッドウッドパークホテルと肩を並べるあの名門ホテルが
再建したアンコールワットラグジュアリーホテルにてインターン生の募集
がスタートしました★


皆様知っていますか?この名門ホテル シンガポールではあのチャップリンも
宿泊をしており、その名前を冠したスイートルームが存在するとか・・・。

その名門ホテルの @カンボジア  アンコールワットでインターン生大募集!!

本物のホスピタリティを学ぶチャンスです。

a0128688_1623227.jpg

↑↑
フレンチ・コロニアル建築様式の装飾が光るホテル


<詳細>
国・都市名 アンコールワット・カンボジア
種類 5ツ星ホテル 期間 12か月
職種 ゲストリレーション
宿泊 ホテルの客室
食事 1日1食付き
お小遣い US$500(約5万円)/月



そしてそして、何よりもアンコールワット!少し前の電波少年で
アンコールワットまでの道の舗装をするコーナーがありましたが、あの頃より
格段に発展しています。

街中には高級ホテルも建ち並び、遺跡観光にマーケット、ホテルスパなどなど見どころ
たくさん!


今年の春はアンコールワットでスタートをきろう!!!


a0128688_16252251.jpg


過去の投稿よりアンコールワット帰国者インタビューはこちら

chi


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-10 16:26 | 研修先について  

東京、雪★


今日は今年にはいって初めて??朝からちょっと本降りな雪!

これまでも雪?それともゴミ?っていうくらいの雪は降っていたのですが
ここまでしっかりと雪だと認識できる雪はきっと初めてです。

弊社のインターンシップではアジアを中心としていますので、中国にいっている
インターン生以外は雪とは縁遠い、常夏の中ですごしているメンバーが
多いわけですね。

今年の冬はとにかく寒かったので、そんな常夏を夢みていましたが、
実際雪が降ってくると、寒いとかなんとか言っている前に少しテンションが
上がってしまうのは私だけでしょうか・・・。


写真をとってみようと試みましたが、うまくとれなかったため私が遠い遠い昔に
フィンランドへ行ったときの写真を一つ・・・。


a0128688_9432060.jpg



chi



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-02-09 09:45 | 季節を感じる