<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

寝れば治る!

珍しく、連続投稿・・・。
私がタイプーケットへ行ったのは、津波の大災害から復興しかけたころ・・・。

多少のつめ跡は残しつつも、一番の繁華街パトンビーチは熱気ムンムンで活気が
あふれていました。タイ人のすごさにカンドーしたのを覚えています。


あっ、確かあの時も雨だったな・・・。雨女・・・。


a0128688_15542983.jpg

↑↑写真の撮影力のなさに驚きますね。海を写しているのか砂をうつしているのか・・・。


a0128688_15554579.jpg

↑↑
まっまゆげ・・・。
あまりに今SMAPの香取君がやっている、こち亀の方に似ていたので、パチリと一枚・・・。
パトンビーチ沿いのシーフードレストランの店員さん。





さて、そんなプーケットに間もなく Kさんが 旅立ちます!



プーケットで5箇所に展開をするチェーンホテルが、日本人マーケットを拡大するために今回インターン生を
とっても重要な役割です。


彼女と初めてお会いしたインターンシップ説明会。誰よりも真剣に話しを聞いてくれていた印象があります。
そして最後に帰り際、彼女が笑顔で『私、苦労したいんです!』って言っていたのを覚えています

とにかく、サバサバしていて明るい!彼女と話していると、自然と私も笑顔になっています。そして、と~っても素直!受入先との面接時に、『タイ語も勉強してね』って言われると、その瞬間からタイ語の勉強をスタート。
『タイ語を見ては、絵にしか見えない』って言ってはいたけれど・・・。



出発を間際にひかえ彼女が言ったこと。
『嫌なことや辛いことがあっても、寝れば治る!たったの6ヶ月しかないインターンシップ、ウジウジ悩んでいたらもったいない!』


もちろん嫌なこと辛いことに、蓋をして見えないようにしまうことは、解決にはならないので駄目なのだけれど、無意味に落ち込まない。ずっとずっと落ち込んでいて、悪いことばかりを見つめていてもそれはそれで解決にならないです。

いつも自分を励ましながら日々笑顔ですごすこと。それが楽しい毎日につながっていく。


『笑顔は幸福の結果というよりも、むしろその原因である』


Kさんその明るさで楽しく素敵なタイ生活を・・・。


いってらっしゃい。


by chigui


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2009-08-27 09:28 | インターン生/OB生  

声の笑顔o(*⌒―⌒*)o

最近は、受入先ホテルとの面接ラッシュです・・・。
たくさんのインターンシップ候補者が連日ホテルとの英語面接に緊張しつつ挑戦中。

インターンシップに参加するには、まずはこの受入先ホテルとの面接の合格を目指します。

この面接からすでにインターンシップはスタート★

実際この面接何社うけても大丈夫!万が一不合格になったとしても、前向きに次を目指すことそれがとても大事。


気になるその内容は、様々です!バリバリの英語で、通常の就職面接のように攻めてくる
面接もあれば、単なる世間話・・・。趣味の話し042.gif

先日面接をした方は、なぜか建築の話をしたとか・・・。057.gif
(挑戦者の彼女は以前大学で建築を学ばれていたそうな。)

たまに、日本人採用担当者との日本語面接だけで決まってしまうこともあるほど・・・。←ラッキーですね049.gif049.gif


質問内容例・・・
「なぜ海外のホテルなのか?」「なぜ内のホテルなのか?」「どれくらいの期間を働きたいのか?」「ゲストリレーションとはどのようの内容の仕事なのか知っているか?」「なぜホテルなのか?」
「いまの普段の仕事内容は?」「お客様からクレームがあった場合はどうするのか?」「パソコンは使えるのか?」「自分のパーソナリテイーについて」「日本人はどんなお客か?」「大勢と働くのと一人で働くのどちらがよいか?それはなぜか?」「休日の過ごし方は?」「私の強みは何か?」

などなど・・・。



面接といっても、基本的には電話にて現地からかかってきます。対面でお話しをしていれば、その方の表情が
伝わると思いますが、なんせ電話です。何が重要になるのか。それはその方の声のトーンがポイント053.gif

声の高さ、大きさによって、自信のなさや、明るさが伝わります。


これは、実際にホテルで働き出してからも、大事なことですよね。もちろん客室からフロントへ電話がかかってくることなんてしょっちゅうですから。

英語の旨い下手ではなく、明るく楽しみながら面接を終えられた方。そんな方が合格を決めていきます!

皆様もこの面接に挑戦する機会がありましたら、会話を楽しむイメージトレーニングをしながら本番まで準備をしていくことが大事ですね。(オリンピックの北島康介選手は常に自分が勝利するイメージトレーニングをしていたと・・・笑)


by chigui


========================================
フィリピン・タイにてインターン卒業生が2名来社★
東京インターンシップ無料説明会!

<無料説明会 開催中>
東京会場8/29(土) 13:00~

※新宿より2駅!東中野駅から、徒歩3分 弊社TJホスピタリティビル6階にて開催!


お申込みは弊社ホームページからどうぞ
========================================


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2009-08-26 11:25 | インターンに関するFAQ  

中国って?

ブログの更新が気がつけば、止まってしまいそうになっていました(TwTlll)
継続するということは、なかなか難しいものですね・・・。

さて、最近のインターンシップ受入先!!!
中国ブームとなっております・・・ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

本当に本当にすごいんです。いったい中国で何がおきているのかと
いうくらい、インターン生の受入要請がはいってきます。

確かに、来年上海では万博が開かれるというし、うわさではディズニーランドも
できるとか・・・??んで、

どんどん開発がされているんですね。
旅行者も、ビジネスマンも増えている。もちろんそれにともなって、ホテルも大量に
できているわけで・・・。

せっかくだから、中国の良さを勉強しよう!なんて話しにオフィスではなっています。

 中国のすごさ・・・・。ってなんだろうってふと考えるのが、最近の日課です。

世界中どこに行ってもチャイナタウンって必ずある気がして、中国語が喋れたら
世界中で通用する??なんて単純に思ったりもする・・・。それに中国4000年?の
歴史って言われてるし、その文化の深さには本当に尊敬するかも。
もちろん私達が住む、この日本の文化もたくさん中国から
教えてもらっていることが多い気がするし。うむ、むずかしい~。


ところで皆様、中国って行ったことあります?イメージとしては、自転車+排気ガス+茶+太極拳+パンダとかでしょうか?

中国4000年の歴史をそのままとどめている
万里の長城に、天安門、故宮博物館、豫園、兵馬俑、・・・。も、もちろんありますが、

私が、上海へ行ったときに思ったこと。。。



まるで横浜だァーッ!049.gif





というイメージです。

町中にでっかい川が流れていて、手前はフランス租界時代の建物・・・。まるでヨーロッパ?


そして対岸は、浦東地区とよばれている、まるで宇宙ステーションのようなビル群。
夜はどちらの建物も、キラキラとライトアップされています。



横浜の赤レンガ倉庫を思い出させるような(←私神奈川県民なのに、
行ったことないですが)ショッピング街。


もちろん中国のイメージそのままの建物や、お茶屋さんもありますが、そのイメージとの
ギャップが本当に新鮮だったことを覚えています。

私が上海へ行ったのも5年前・・。きっとそれよりも近代的になっているのかなぁ・・・。


a0128688_9425584.jpg


↓↓ 雨女の私は、上海もやっぱり雨の中・・・008.gif
a0128688_943211.jpg

さて、そんな上海の受入先!

★新しくできたばかりのホテル★
~世界的なチェーンホテルです~

職種 ゲストリレーション
宿泊 ホテルより無料提供
食事 1日3食ホテルより無料提供
お小遣いはなんと! US$570(約5万7千円)/月


by chigui


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2009-08-18 18:41 | 研修先について  

ホスピタリティを感じたとき(その2)

ホスピタリティと言えばディズニーランドを連想します。

1983年に東京ディズニーランドが開園して今年で26年目になります。その間毎年飽きもせず行っているのですが、来園者に対するスタッフ(キャスト)の対応は全く変わっていません。我々に近づいたり話しかけたりするけど絶対にしつこく感じさせない絶妙の間合いを持っています。
それが心地よいのでしょう、来園者はたった3分のアトラクションに2時間も平気で並んでいます。ディズニーランドやシーにあるアトラクションはそれほど特別なものとは思えないのですが、多くの人がリピーターになり年間パスポートまで買ったりします。
あの広大なディズニーリゾート全体がホスピタリティの塊みたいで、目や耳だけでなく体全体でホスピタリティを感じることのできる一種のミステリースポットなのかもしれません。

Pooh

↓↓オフィスから撮った夕焼け・・・。まるで火事のよう・・・。
a0128688_15155889.jpg


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2009-08-06 15:17 | ホスピタリティを感じる