カテゴリ:各国情報( 7 )

 

ビール通が選ぶ、アジアのベストバー10選


皆さま、こんにちは。

今日の東京の最高気温は27℃!
そこでこんな記事をご紹介します!

『ビール通が選ぶ、アジアのベストバー10選』068.gif072.gif

CNNに掲載されていたものですが、ランキングは次のようになっています。

 1.ミッケラー・バンコク(タイ・バンコク)
 2.グレート・リープ・ブルーイング(中国・北京)
 3.ボクシング・キャット・ブルワリー(中国・上海)
 4.ブリュードッグ六本木(東京)
 5.グッドビア・フォーセッツ(東京)
 6.スミス・ストリート・タップス(シンガポール)
 7.ザ・ラウンドハウス(香港)
 8.BREW-ビアーズ&サイダーズ(タイ・バンコク)
 9.ブリュワークス・リバーサイド店(シンガポール)
10.タップス・ビア・バー(マレーシア・クアラルンプール)

この中に皆さんが知っているバーはありましたか?

それぞれの詳細はCNNの記事本文からご覧いただけます。
a0128688_15270716.jpg
お近くでインターン中の方、ご旅行で行かれる方は訪ねてみてはいかがでしょうか?

ところで今日はラオスでインターン中のTさんが訪ねてきてくださったのですが
ラオビールがとても美味しいと言っていました!

各国のビールの飲み比べもしてみたいですね068.gif012.gif

058.gifトラジャルインターンシップHPへ
[PR]

by trajal-internship | 2014-06-09 15:08 | 各国情報  

さっぽろ雪まつり/マレーシア

今日からさっぽろ雪まつりが開催されています。
各国からも参加して様々な雪像も並ぶ中、注目はマレーシア政府観光局の雪像!

クアラルンプールにある「スルタン・アブドゥル・サマドビル」が
雪像になっちゃいました!
まるで本物のような完成度です。

a0128688_12295321.jpg

マレーシアは今年2014年を「Visit Malaysia Year(マレーシア訪問年)」と定め
各地でこのようなプロモーションイベントを行っているそうです。

コンセプトとして掲げているのは
「Malaysia Truly Asia(マレーシアで本物のアジア体験を)」

これまでマレーシアを訪れた世界の観光客は47万人。
そのうち日本人観光客が最も多く、7年連続で第1位なのだそうです!
そんなに日本人が行っているとは知りませんでした。
クアラルンプール、ランカウイ島、コタキナバル、マラッカ、ペナン島、ボルネオ島…
などなど、見どころある観光地がたくさんありますからね。

また、日本人が住みたい国ナンバーワンもマレーシアなのだとか。


マレーシアと日本の国交は今年で57年目。
そして、海外旅行自由化からはちょうど50周年になるそうです。

熱心なプロモーションは私の近所のイオンにまで来ていましたよ!(^-^;)
今年一年の活動が注目されますね。


マレーシアでのインターンシップ情報は こちら からご覧いただけます(^-^)/

058.gifトラジャルインターンシップHPへ
[PR]

by trajal-internship | 2014-02-05 12:36 | 各国情報  

各国の旧正月

恭賀新禧!

今年も旧正月の時期になりました。

実は旧正月が影響するのは中国だけではありません。
華人が住んでいるアジア諸国でもこの日が祝日になっている国があります。
会社やお店などが閉まってしまったり、交通機関が混雑しますのでご注意を。

2014年、それぞれの国の呼び名とともに期間をまとめました。

中国:「春節」
1月31日~2月6日 (7連休!)

ベトナム:「テト」
1月31日~2月3日

インドネシア:「イムレック」
1月31日~2月2日

マレーシア:英語で「チャイニーズニューイヤー」
1月31日、2月1日

これらの間、インターンの各種手続きが滞ってしまう可能性がございます。
そうならないように先手先手でやっていますが、
もしご迷惑をかけてしまった場合にはどうぞご容赦くださいませ!

a0128688_17323049.jpg
よろしくおねがいいたします!モグモグ・・・・


058.gifトラジャルインターンシップHPへ
[PR]

by trajal-internship | 2014-01-31 10:00 | 各国情報  

カンボジア・シェムリアップ その3(最終)

さて、最後にシェムリアップの街についても少しご案内しておきます。

建物自体はフランス統治時代の名残で洋館が多く見受けられますが、
このように新しい建物なども建設中でした。
少し雰囲気が壊れるような。。。

a0128688_16265689.jpg
a0128688_16271959.jpg
a0128688_16272535.jpg
a0128688_16273564.jpg
a0128688_16274546.jpg



街の中心部には、お洒落なカフェ、レストラン、バーなどが立ち並び、
夜になるとどこの国か分からないほど世界中の観光客で賑わってます。
(こちらの写真だけ拝借致しました)

a0128688_16301484.jpg



下はインターンOBの方に連れて行ってもらった美味しいピザが食べれるレストランです。

a0128688_16311942.jpg

a0128688_16502931.jpg



雰囲気が良かったのでふらっと入ってみたら、とても美味しかったレストラン

a0128688_16333442.jpg
a0128688_16335886.jpg



お世話になっているホテル様でご馳走になったカンボジア料理。
本当に美味しかったです。
いつも食べ始めてから「写真撮らなきゃ!」と気付く私です。。。
a0128688_16574226.jpg



市内にあるスーパーも大きくて、品揃えが豊富!
下の写真の左下らへんに見えますでしょうか、なんと“おでんの素”まで!

a0128688_16355010.jpg


種類豊富で安いビール(1本50円位) :D
この隣には日本のビールなどもあったような。
a0128688_16414456.jpg




フラッシュなしだったので少し暗くて分かりにくいですが、スーパーが入っているモール内

a0128688_16383891.jpg


a0128688_16493150.jpg



バイヨンビール(一本40円程度)、最高。

a0128688_16493471.jpg




そして市内には綺麗に整備された公園が。

a0128688_16541554.jpg
a0128688_16535948.jpg





カンボジアには目を背けたくなるような暗い歴史があり、また綺麗な部分だけではありません。
それでも訪れる私共を魅了する人々の優しさであったり、大自然や大遺跡が
壮大なスケールで広がっていました。

お金や高価な物ではなく、人と自然と歴史が作り上げた
本当に“ゴージャス”と言える場所でした。


この度は3回に渡る長いブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

a0128688_17224785.jpg


kase



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp
[PR]

by trajal-internship | 2013-08-28 17:27 | 各国情報  

カンボジア・シェムリアップ その2

さて、昨日はアンコール・トムの中央に位置するバイヨンをご紹介いたしましたが、
アンコール・トムとは“大きな町”を意味し、高さ8mの城壁が周囲12kmに渡って
正方形に敷地を囲んでおります。

バイヨン(中心)から1km程行くと、その城壁沿いに作られた5つの門の内の一つ、
死者の門があります。
戦いで亡くなった兵士達の魂が戻ってくる為の門だそうです。

a0128688_11531399.jpg



その近くには戦いに勝った兵士達が凱旋する為の“勝利の門”もあります。



a0128688_1204628.jpg
a0128688_121682.jpg
a0128688_121129.jpg




ところ変わって今度はタ・プロムという遺跡へ。
ここはアンコール・トムとはまた違う自然と文明の神秘を強く感じさせられます。

ガジュマルの木が絡みつき、締め付けながら長い年月をかけて遺跡を破壊していく光景は
何かものすごく心を打たれるものがあります。

これらは鳥の糞が遺跡の上に落とされ、そこに混じっていた種が発芽し、
そこから根を地上に下ろして300~400年かけて成長していったものだそうです。


a0128688_12144422.jpg
a0128688_12153694.jpg
a0128688_1215062.jpg
a0128688_12155290.jpg
a0128688_12151599.jpg
a0128688_12161238.jpg



もうこれは実際に見に行って頂かないと正確には伝わりません。

このように1千年近くも前に作られた大帝国の跡が、今からたったの150年程前に
フランス人学者によって初めて発見されたなんて。
それまでは森の中に眠っていたんです。
初めて見つけた時の衝撃はどんなものだったのでしょうか。


最後に肝心のアンコール・ワット

a0128688_141909.jpg
a0128688_14191339.jpg

a0128688_14241019.jpg
a0128688_1424888.jpg





その3につづく。。。

kase


058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp
[PR]

by trajal-internship | 2013-08-23 14:29 | 各国情報  

カンボジア・シェムリアップ その1

皆様こんにちは。

先日、トリップアドバイザーの口コミ評価をもとに、
「行ってよかった海外観光スポット2013」でカンボジア・シェムリアップが
3年連続で1位を獲得したとのニュースがありました。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130807-00000313-dime-int&1375868326



シェムリアップは近年私共のインターンシップ渡航先としても人気を上げてきており、
またインターン後もそのままホテルで就職して残られる率が圧倒的に高い場所です。
今現在3名の方がシェムリアップで4年目を迎えられております。


私も実際に行って参りましたが、感想としては人を幸福にさせる要素のバランスが
大変に高いように思いました。



そのバランスと言うのは、


1.人がとても温かい
2.お洒落で美味しいカフェやバー、レストラン、一流ホテルなどが沢山ある
3.物に溢れてはいないが、何でも一通り揃う
4.世界中から旅行者が集まっており、とても国際的
5.何といってもアンコール遺跡群という神秘的な世界が広大に広がっている



遺跡群は150以上からもなり、とてもじゃないけど周りきれません。
私はアンコールワット、アンコールトム、タ・プロム、タ・ケオという近場の4つの遺跡を案内してもらいましたが、
ま・さ・に、鳥肌ものでした!!!

まずは何と言ってもアンコールトムの中心、バイヨン。
a0128688_16525366.jpg


もう圧倒されて言葉が出ませんでした。
ちなみに上の写真の中の中央の塔、高さ43メートルもあるんです。
写真では伝わらない迫力と、何かとてつもないエネルギーを感じました。

1000年近くも前にこれを建てた方々の気持ちが、きっとこの建物に
込められているのだとこの時確信しました。

そして物作りって作っている人の気持ちがその物自体にエネルギーを
宿らせるものなのかとこの時本気で思わされました。

中を登っていくと、塔にはそれぞれ表情の違う顔が4面に彫られており、
何か包まれている温かさを感じます。

a0128688_172494.jpg



普通に歩いて入っていけます。

a0128688_1795844.jpg


このように回廊が中心を囲んでおり、

a0128688_17101260.jpg



このように壁画はずっと物語になって続いていきます。
a0128688_174135100.jpg


a0128688_17512228.jpg


a0128688_17102976.jpg




全く意味が分からないと思うのですが、バイヨンを見て私の頭の中では

「宇宙」

という言葉が強く打ち出されていました。


a0128688_17514976.jpg




思い返してこのブログを打っているだけであの時のドキドキ感が甦ってきます。



その2に続く!


kase



058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp
[PR]

by trajal-internship | 2013-08-22 17:53 | 各国情報  

雨は雨でも

5月27日、関東地方が入梅しました。
梅雨というと雨が降り、ジメジメうっとうしい毎日が続くイメージであまりプラス要素はありません。


もう20年前になりますが、タイに住んでいたころのこと。

タイにはもちろん梅雨はありませんが、乾季と雨季があります。
5月頃までが乾季で、6月から10月くらいまでが雨季になります。

4月にソンクランという旧正月のお祭りがあるのですが、別名

水掛祭り047.gif

と言われています。


雨が全く降らない暑い日がずっと続いていて、たぶん水が恋しくなるのでしょう。

この日ばかりは知人、他人関係なく白い粉を溶いた水を互いに掛け合います。

ソンクランがあると

「ああ、もうすぐ乾季が終わって雨季が始まる」

と皆が思います。

日本の梅雨と違って、タイの雨季は毎日バケツをひっくり返したようなスコールが1時間ほど続くと、カラッと晴れていいお天気になる繰り返しです。

雨には違いないので、タイでの生活でも服が濡れたり傘を差す煩わしさはあるのですが、プラス要素もあるんですね。

それが、

美味しいフルーツが出回ること011.gif053.gif


特にドリアン好きには、地元のマーケットにドリアンが並び始めると「また今年もうれしい季節がやってきた」となります。私もその1人でした。



毎年梅雨の時はタイが恋しくなります。

a0128688_9211429.gif


Pooh

058.gifトラジャルインターンシップHPへwww.trajal-internship.jp

058.gif携帯からはwww.trajal-internship.jp/mb/
[PR]

by trajal-internship | 2011-06-01 09:23 | 各国情報